コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一簣の功 イッキノコウ

デジタル大辞泉の解説

一簣(いっき)の功

《「書経」旅獒(りょごう)から》完成直前のひと骨折り。最後の努力。事業を完成させるために積み重ねる一つ一つの努力の大切さをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっきのこう【一簣の功】

〔「書経旅獒」より〕
最後の努力。最後の骨折り。 → 九仞きゆうじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一簣の功の関連キーワード一簣

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android