一酸化炭素変成装置(読み)いっさんかたんそへんせいそうち(英語表記)shift converter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一酸化炭素変成装置
いっさんかたんそへんせいそうち
shift converter

都市ガスのなかに含まれる一酸化炭素を変成する装置。石油系原料を 700~900℃でガス化すると,製造ガス中に 15~20%の一酸化炭素が含有される。一酸化炭素は燃焼成分として不純物ではないが,毒性が強いので,万一漏洩した場合の中毒防止のために変成装置により数%まで低減している。反応は製造ガスに水蒸気を加え,約 400℃の温度下,酸化鉄触媒中で行い,二酸化炭素と水素に変成する。一酸化炭素変成装置を内蔵したガス製造装置の建設もふえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android