一酸化炭素変成装置(読み)いっさんかたんそへんせいそうち(英語表記)shift converter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一酸化炭素変成装置
いっさんかたんそへんせいそうち
shift converter

都市ガスのなかに含まれる一酸化炭素を変成する装置。石油系原料を 700~900℃でガス化すると,製造ガス中に 15~20%の一酸化炭素が含有される。一酸化炭素は燃焼成分として不純物ではないが,毒性が強いので,万一漏洩した場合の中毒防止のために変成装置により数%まで低減している。反応は製造ガスに水蒸気を加え,約 400℃の温度下,酸化鉄触媒中で行い,二酸化炭素と水素に変成する。一酸化炭素変成装置を内蔵したガス製造装置の建設もふえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android