コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一酸化炭素用自己救命器 いっさんかたんそようじこきゅうめいきcarbon monoxide self‐rescuer

世界大百科事典 第2版の解説

いっさんかたんそようじこきゅうめいき【一酸化炭素用自己救命器 carbon monoxide self‐rescuer】

坑内で作業中に火災や爆発などの突発的な災害が起きたときに発生する一酸化炭素COに作業者が侵されずに短時間のうちに危険区域から安全地帯に脱出するのを目的として製作された防毒マスクをいう。吸収缶の中に薬剤を充てんしCOを二酸化炭素CO2に酸化させ,煙はろ(濾)煙層でろ過して着装者をこれらの害から守る。薬剤は活性二酸化マンガンMnO2約60%と酸化銅(II)CuO約40%の酸化触媒である。したがって空気中のCOをCO2に変えるだけで酸素は発生しないので,酸素が著しく欠乏した状態(約16%以下)では使用できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一酸化炭素用自己救命器の関連キーワード酸化触媒坑内

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android