一雨一度(読み)ひとあめいちど

知恵蔵mini「一雨一度」の解説

一雨一度

一回の降雨ごとに気温が1度下がり、秋が深まっていく様子を指す言葉。10月になると日本列島の周辺は秋のからっとした涼しい空気に入れ替わり、その後、低気圧高気圧が入れ替わりにやってきて短いサイクルで天気が変わるようになる。降の原因となる低気圧の後ろには、からの寒気が流れており、低気圧が通り過ぎた後は大陸から冷たい空気が列島付近に流れ込んで気温が下がることから、雨が降った後の晴れの日は降雨前と比較して気温が少し下がることが多い。

(2017-9-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android