コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七仏薬師法 シチブツヤクシホウ

大辞林 第三版の解説

しちぶつやくしほう【七仏薬師法】

台密で重視される修法の一。七仏薬師を本尊として、「七仏薬師経」「薬師経」「薬師儀軌」を読んで、国家安穏・息災・安産などを祈る修法。七壇の修法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の七仏薬師法の言及

【薬師】より

…薬師信仰が盛んになるのは7世紀末以後であり,680年(天武9)天武天皇は皇后の病によって薬師寺建立を発願し,720年(養老4)藤原不比等が病むと諸寺で《薬師経》をよみ,745年(天平17)聖武天皇が病んだときも薬師悔過(けか)を行うなど,天皇家や上流貴族の病気の際は薬師に祈願するのが通例であった。平安時代に入り密教修法が盛んになると,《七仏本願功徳経》による七仏薬師法が発達した。七仏薬師法は,薬師7体を並べて祈るもので,9世紀の円仁がはじめたというが,10世紀の中ごろ天台宗の良源が摂関家の安産祈願に修して以来,有名になった。…

※「七仏薬師法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七仏薬師法の関連キーワード覚快法親王源尊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android