七仏薬師(読み)シチブツヤクシ

大辞林 第三版の解説

しちぶつやくし【七仏薬師】

薬師如来が、衆生しゆじようを救うために姿を変えて現れるという七つの姿。
京都およびその周辺の、七か所の薬師如来。観慶寺・護国寺・広隆寺・法雲寺・延暦寺・珍重寺・平等寺のものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しちぶつ‐やくし【七仏薬師】

[1]
[一] 「薬師琉璃光七仏本願功徳経‐上」および「薬師琉璃光如来本願功徳経」に説かれる、善称名吉祥王如来・宝月智厳光音自在王如来・金色宝光妙行成就如来・無憂最勝吉祥如来・法海雷音如来・法海勝慧遊戯神通如来・薬師瑠璃光如来の総称。薬師等の七仏のことで、これには七仏を薬師の異名とする説と、それぞれ別の仏とする説がある。ただし東密では一体の分身とする。七仏。〔御堂関白記‐寛弘六年(1009)一〇月一三日〕
※栄花(1028‐92頃)鳥の舞「丈六の七仏やくし皆金色におはします」
[二] 京都およびその近辺にある七か所の薬師寺。祇園の観慶寺、八幡(今清水)の護国寺、太秦(うずまさ)の広隆寺、蓼倉の法雲寺、延暦寺(根本中堂)、珍重寺、平等寺の総称。古くは観慶寺と珍重寺に代わり、東寺と法界寺が加わっていた。
※弁内侍(1278頃)建長元年六月二八日「ことなる御祈りども侍りしに〈略〉七仏薬師、広御所、太政大臣殿御沙汰」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の七仏薬師の言及

【薬師】より

死の病人を救うために薬師如来に祈る供養法(続命法)が行われ,また薬師経を唱える信者を十二神将が守護するとも説かれる。別に七仏薬師(しちぶつやくし)の伝承があり,これによると東方に次々に如来がおり,最も遠い第7の如来が薬師であるとされる。七仏がそれぞれ独立した仏であるか,七仏は薬師仏の別名であるかが古来論ぜられている。…

※「七仏薬師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android