コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七月三日事件 しちがつみっかじけん

1件 の用語解説(七月三日事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しちがつみっかじけん【七月三日事件】

1946年7月2日から3日にかけてインドネシアで起こったクーデタ未遂事件。前年8月に独立を宣言したインドネシア共和国は,独立の実質を獲得するため旧宗主国オランダと戦争状態にあったが,国内ではジャワ島マドゥラ島に限定して主権を回復しようとする〈外交派〉と呼ばれる穏健派と,全領土の完全独立をめざす〈闘争派〉と呼ばれる強硬派が拮抗していた。この事件では,後者がシャフリル首相ら外交派の政府要人を拉致し,権力の奪取をはかったとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

七月三日事件の関連キーワード掛けて名残の茶ハッピーマンデー目に掛けるもて付く押掛け掛行灯かけかけ・し心に掛ける震災後の出国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone