コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七月三日事件 しちがつみっかじけん

世界大百科事典 第2版の解説

しちがつみっかじけん【七月三日事件】

1946年7月2日から3日にかけてインドネシアで起こったクーデタ未遂事件。前年8月に独立を宣言したインドネシア共和国は,独立の実質を獲得するため旧宗主国オランダと戦争状態にあったが,国内ではジャワ島マドゥラ島に限定して主権を回復しようとする〈外交派〉と呼ばれる穏健派と,全領土の完全独立をめざす〈闘争派〉と呼ばれる強硬派が拮抗していた。この事件では,後者がシャフリル首相ら外交派の政府要人を拉致し,権力の奪取をはかったとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七月三日事件の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android