七覚(読み)しちかく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「しちかくし(七覚支)」の
※三教指帰(797頃)下「策七覚馬
※今昔(1120頃か)一「行(ぎゃう)ずる事の七歩なる事は七覚の心を表す。蓮花の地より生ずる事は地神の化(くゑ)する所也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android