コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七覚支 しちかくし sapta-bodhyanˈga

4件 の用語解説(七覚支の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七覚支
しちかくし
sapta-bodhyanˈga

仏教用語。仏教で 37種の修行方法を7つの部類に分けたものの第6で,この部類に属する7種の修行方法をさす。悟りのための7つの手段という意味。 (1) 真実の法を常に思いとどめて忘れないこと (念覚支) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しち‐かくし【七覚支】

仏語。悟りを得るための7種の修行法。真実の教えを選び取る択法(ちゃくほう)覚支、一心に努力する精進覚支、真実の教えを実行することを喜ぶ喜覚支、身心を軽やかにする軽安(きょうあん)覚支、対象へのとらわれを捨てる捨覚支、心を集中して乱さない定(じょう)覚支、思いを平らかにする念覚支。七覚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しちかくし【七覚支】

〘仏〙 悟りを開くのを助ける七つの要件。正しい法を選びとる択法ちやくほう覚支、正しい修行に励む精進覚支、真実を学ぶことを喜ぶ喜覚支、心身が軽やかで快い軽安きようあん覚支、対象にとらわれることのない捨覚支、心を集中させる定じよう覚支、正しい心をしっかりと保つ念覚支をいう。七覚。七覚分。七菩提分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七覚支
しちかくし

仏教で、悟りを得るために役だつ七つの事柄の意。(1)択法(ちゃくほう)覚支(教えのなかから真実を選び、偽りを捨てること)、(2)精進(しょうじん)覚支(一心に努力すること)、(3)喜(き)覚支(真実に生きる喜びをもつこと)、(4)軽安(きょうあん)覚支(心身をつねに快適に保つこと)、(5)捨(しゃ)覚支(対象への執着(しゅうじゃく)を捨てること)、(6)定(じょう)覚支(精神統一をすること)、(7)念(ねん)覚支(智慧(ちえ)を念ずること)の七つをいう。[坂部 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七覚支の関連キーワード因位本行学地行法修因感果証果自力宗一乗法悟りを開く修因

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone