コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万有引力の法則 law of universal gravitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万有引力の法則
ばんゆういんりょくのほうそく

万有引力」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の万有引力の法則の言及

【天文学】より

…天体現象を対象とした自然科学の一分野であり,最古の時代から発達した学問であった。古代人のもっていた知識は,主としてその実生活の必要と結びついて得られたものであり,天文学もその最初の段階は季節を正し,月のみちかけを知るという暦の問題から始まっている。こうした暦の知識は農業社会においてとくに必要なものであり,天文学の芽ばえは中国,バビロニア,エジプト,インドなどの農業国家において発生した。しかしこれらの古代国家においては,知識人と称するものは帝王を中心とする少数の支配階級であり,支配階級は暦の作製をもって多数の人民を支配する一手段と考えた。…

【万有引力】より

…質量m(kg)とm′(kg)の物体(正確には質点)がr(m)隔てて及ぼし合う万有引力の大きさは,で与えられる。これを万有引力の法則といい,G=6.6720×10-11N・m2・kg-2は万有引力定数と呼ばれる定数である。Gがこのように小さいため,地上の物体相互間の万有引力は感知できないほど弱く,地球と地上の物体との間の万有引力をわれわれは重力(の主要部分)として感じている。…

※「万有引力の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万有引力の法則の関連キーワードピカール(Jean Picard)ヒューム(David Hume)ハリーすい星(ハリー彗星)ニュートンの運動方程式アインシュタイン方程式ニュートンの重力の法則逆二乗の法則(力学)ニュートンの重力定数グラビティーモデルミクロコスモス一般相対性理論自然法則の利用万有引力定数力学的世界観プリンキピア逆二乗の法則重力相互作用惑星(天体)ニュートン動物磁気説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万有引力の法則の関連情報