コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万積の乱 まんせきのらん

世界大百科事典 第2版の解説

まんせきのらん【万積の乱】

朝鮮,高麗の武人政権時代の奴隷反乱。1170年に鄭仲夫ら武臣のクーデタで文臣政権が倒れ武人政権が出現したが,武人相互の殺し合いで政情不安が続いた。その時期に農民・賤民の一揆反乱が続発したが,98年(神宗1年)私奴万積ら6人が公私の奴隷を集め,日を定めて一斉蜂起し,まず最高権力者崔忠献を殺し,私奴はそれぞれ主人を,官奴は宮城内で役人を殺し,奴隷の戸籍台帳を焼いていっさいの公私奴隷を解放しようと提案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android