コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万積の乱 まんせきのらん

1件 の用語解説(万積の乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まんせきのらん【万積の乱】

朝鮮,高麗の武人政権時代の奴隷反乱。1170年に鄭仲夫ら武臣のクーデタで文臣政権が倒れ武人政権が出現したが,武人相互の殺し合いで政情不安が続いた。その時期に農民・賤民の一揆反乱が続発したが,98年(神宗1年)私奴万積ら6人が公私の奴隷を集め,日を定めて一斉蜂起し,まず最高権力者崔忠献を殺し,私奴はそれぞれ主人を,官奴は宮城内で役人を殺し,奴隷の戸籍台帳を焼いていっさいの公私奴隷を解放しようと提案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万積の乱の関連キーワード洪茶丘高麗青磁スパルタクス恋の奴高麗焼高麗錦狛鉾奴隷解放高麗人欧州の奴隷貿易とフランスの奴隷制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone