コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武人政権 ぶじんせいけん

世界大百科事典 第2版の解説

ぶじんせいけん【武人政権】

朝鮮の高麗(こうらい)後期,12世紀後半から13世紀にかけての約100年間武臣出身者が武力で文臣をおさえつけ王朝を支配した政権。武臣政権ともいう。高麗王朝の支配層は文臣と武臣で構成されていたが,文臣が圧倒的優位を占め武臣は軽べつされていた。また国軍の兵士も生活不安と重い労役に苦しんでいた。そういう不満がつのり,1170年鄭仲夫,李義方,李高らの武臣はクーデタを起こして兵士を蜂起させ,多くの文臣を殺害追放して一気に政権を掌握した(庚寅の乱)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の武人政権の言及

【高麗】より

…前期は新羅末期に台頭した豪族を統合し,また渤海遺民を吸収して,統一的官僚国家が成長発展すると同時に,官僚内部の抗争が激化する時期である。中期は従来の文臣政権に代わって武人政権が成立し,同時に農民や賤民の反乱が頻発して下層身分の解放が進行した時期である。後期は元の支配下で苦しむ中で反元運動が進展し,また次代をになうべき新進の官僚層が生まれた時期である。…

※「武人政権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武人政権の関連キーワード農荘(農庄)三別抄の乱万積の乱三別抄李奎報崔忠献趙位寵別曲崔瑀高宗政房

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android