コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つの花 みつのはな

とっさの日本語便利帳の解説

三つの花

三つの花とは霜のことで、水(水蒸気)の花が訛ったもの。六の花(雪)に対してつけられた名称。冬の晴れた日を「霜日和」というが、それでも寒く、霜が解け出した道は歩きづらくてしようがない。
霜解けや杭にふるふ下駄の土\正岡子規
霜は快晴無風の夜に生じるので、それを霜凪という。霜が降りる時期、田畑に青い物が何もないが、それでも掘り出した青菜のかけらが散らばっていて寒々とした光景を呈す。それを霜枯れという。
霜がれのそれも鼻かけ地蔵かな\小林一茶

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

三つの花の関連キーワード花崗岩花信風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三つの花の関連情報