コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八八 はちはち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八八
はちはち

花札遊びの1種。江戸花,東京花の異称があり,特に関東で普及している。八八の名は花札の総点数が 264点で,平均1人 88点になることからきている。3~4人で行うもので,場札6枚,手札各自7枚,残りは場の山にして始める。4人の場合は手札の状態により1人棄権できる。まず,親から場にある札と手札を合せて取り,次いで山札の1枚をめくって場に出す。場札とめくり札が同種の場合は取ることができる。このようにしてゲームを進め,取った札の組合わせによる出来役と持ち札の組合せによる手役の合計点で勝ちを決める。役は地方によって異なるが,出来役として「三光」など 26種,手役として「光一 (ぴかいち) 」など 10種があり,普通は勝負前に役の取決めを選択して行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はち‐はち【八八】

8と8。また、8の8倍。
花札の遊び方の一。88点以上を勝ちとして、12回で勝負を争うもの。はち。はちじゅうはち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちはち【八八】

花札の遊び方で、勝負を決める最高得点目標を八八点におくもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の八八の言及

【花札】より

…一般にゲームの便宜上,札の裏が黒いもの(黒裏)と,茶色のもの(赤裏)と2種類作られており,これらが一対として販売されることもある。おもな遊び方には〈八八(はちはち)〉〈馬鹿花(ばかつぱな)〉〈こいこい〉などがあり,地方的な特色も加わるとその種類はおびただしい数となるが,基本はだいたい下記のとおりである。通常3人で行うが,2人で行う場合もある。…

※「八八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八八の関連キーワード八十八の祝い・八十八の祝トマス・カーライルショーペンハウエル四国八十八箇所其れにとりて八十八箇所長門・陸奥海渡英祐旧り行く天降り人垂乳しや米寿の賀垂乳しの遠の国真幸く愛づ子室の木小蠃子消易し柒屋形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八八の関連情報