コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三五八漬け さごはちづけ

2件 の用語解説(三五八漬けの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

さごはちづけ【三五八漬け】


福島県会津地方名産の漬物で、塩3、麹5、もち米8の割合で混ぜ合わせた漬け床に、大根・きゅうりなどの野菜を漬けたもの。塩3、もち米5、麹8で作る地域もある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三五八漬け
さごはちづけ

福島県の郷土料理で、会津地方の名物料理である。三五八の意味は塩3、米5、麹(こうじ)8の割合で混ぜ合わせたものということ。米を洗い蒸すか炊くかして飯をつくる。これをよく冷ましてから塩と麹を混ぜ合わせて、甕(かめ)などの容器に入れ密閉して一晩置くと三五八漬けの床ができる。これにナス、キュウリ、セロリ、ショウガなどを漬け込むには、三五八床に水少々を加えて容器に敷き、その上に野菜を並べ、またその上に三五八床というぐあいに数段重ね、重石(おもし)を置き翌日用いる。三五八漬けは寒中につくるものをよしとするが、他の季節にもつくる。なお、生野菜に三五八床をつけて食べることもある。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三五八漬けの関連キーワード三五八漬福島県会津若松市飯盛福島県南会津郡南会津町糸沢福島県会津若松市上町福島県会津若松市追手町福島県会津若松市大町福島県会津若松市栄町福島県会津若松市七日町福島県会津若松市東栄町福島県会津若松市和田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三五八漬けの関連情報