三井 進午(読み)ミツイ シンゴ

20世紀日本人名事典の解説

三井 進午
ミツイ シンゴ

昭和期の土壌肥料学者 東京大学名誉教授。



生年
明治43(1910)年1月1日

没年
昭和63(1988)年9月4日

出生地
東京

別名
雅号=三井 夢生(ミツイ ムセイ)

学歴〔年〕
東京帝国大学農学部農芸化学科〔昭和7年〕卒業

学位〔年〕
農学博士(東京大学)〔昭和23年〕

主な受賞名〔年〕
仁科記念賞(第2回)〔昭和31年〕,日本農学賞〔昭和35年〕,日本学士院賞〔昭和42年〕,勲二等瑞宝章〔昭和57年〕

経歴
昭和7年農林省農業試験場技手となり、技師、土壌肥料部長を経て、23年東京大学農学部助教授、27年教授、38年大学院化学系研究科委員長を歴任。アイソトープを初めて農学に利用したことで知られる。45年名誉教授となり、58年日本学士院会員。著書に「植物栄養と肥料の研究」「水田の脱窒現象」「作物の要素欠乏」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android