三人張(読み)さんにんばり

精選版 日本国語大辞典の解説

さんにん‐ばり【三人張】

〘名〙 三人がかりでなければ弦を張ることのできないほどの強弓。二人で弓を押したわめ、一人が弦を張らなければならないほどの強い弓。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「弓は三人ばり、矢束(やづか)は十三束、下針(さげはり)をも射んとおもふ者なりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android