コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原弟平 みはらの おとひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三原弟平 みはらの-おとひら

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
三原春上(はるかみ)の父。新田部(にいたべ)親王の後裔(こうえい)で,乙枚(平)(おとひら)王という。延暦(えんりゃく)10年(791)従五位下,造酒正(みきのかみ)となる。三原朝臣(あそん)の氏姓をさずかり,弟平と改名。内蔵助(くらのすけ),尾張守(おわりのかみ)をつとめ,従五位上にすすむ。弘仁(こうにん)6年(815)成立の「新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)」の編集に参加した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三原弟平の関連キーワード三原春上官吏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android