コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三右衛門 さんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三右衛門 さんえもん

?-? 江戸時代前期の農民。
摂津(大阪府)野里村の人。慶長19年(1614)大坂夏の陣で堺に出兵した豊臣方に対抗して茨木から堺へむかう200人の片桐且元(かつもと)の軍を,近隣の住民800人をひきいて神崎(かんざき),伊丹(いたみ)(ともに兵庫県)でやぶる。のち徳川家康にとがめられるが,豊臣の恩をわすれぬ義がみとめられ,ゆるされた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三右衛門の関連キーワード嵐 三右衛門(10代目)歳長(陸奥守系・3代)鳥羽屋三右衛門(初代)竹島幸左衛門(初代)嵐三右衛門(3代)竹本咲太夫(3代)嵐三右衛門(7代)竹本男徳斎(初代)嵐三右衛門(4代)牧亭駒人(2代)嵐三五郎(初代)嵐和歌野(2代)狩谷【えき】斎嵐小六(4代)嵐小六(初代)嵐珉子(初代)嵐小六(2代)嵐珉子(2代)叶珉子(4代)瀬山小左衛門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三右衛門の関連情報