三商(読み)さんしょう

大辞林 第三版の解説

さんしょう【三商】

近世から明治にかけて、盗品などを扱う可能性のある質屋・古着屋・古道具屋をさした語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三商の関連情報