古手屋(読み)フルテヤ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふるて‐や【古手屋】

〘名〙 古着や古道具などをあきなっている店。古着屋、古道具屋など。古手店。また、それを職業にしている人。
※石山本願寺日記‐証如上人日記・天文六年(1537)六月一日「堺ふるてや、〈略〉其儀古手屋千疋か質物に於堺置を僧のかたへかへし候へと申付候へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の古手屋の言及

【古着屋】より

…中古品や質流れ品の衣類を売買する商人。上方では古道具屋とともに古手(ふるて)屋と呼んだ。江戸では慶安年間(1648‐52)に13人が古着問屋を開業して組合をつくっている。…

※「古手屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android