コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五行説 ゴギョウセツ

4件 の用語解説(五行説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごぎょう‐せつ〔ゴギヤウ‐〕【五行説】

中国古代の学説で、自然も人間・社会も、の五つの元素の一定の循環法則に従って変化するという説。木・火・土・金・水の各元素が順々に次の元素を生み出してゆくとする五行相生(そうせい)説と、木・土・水・火・金の各元素がそれぞれ次の元素にうち克ってゆくとする五行相克(そうこく)説とがある。→五行

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

占い用語集の解説

五行説

自然界に存在する全てのものを、「木」「火」「土」「金」「水」の五要素に分類する思想。天地万物全てが、この五要素にあてはまり、お互いに影響しあっているとする。つまり、陰陽説に循環と対立の論理が加味されており、殷の五方の観念に由来する説と、五材に由来する説とがある。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごぎょうせつ【五行説】

中国古来の世界観。木・火・土・金・水の五つの要素によって自然現象・社会現象を解釈する説。五行相勝(相剋)は火・水・土・木・金の順に、後者が前者に打ち勝つことで循環するとし、戦国時代の鄒衍すうえんなどが説いた。五行相生そうしようは木・火・土・金・水の順に、前者が後者を生み出すことで循環するとし、前漢の劉向などが説いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五行説
ごぎょうせつ

中国古代人の世界観の一つ。五行はまた五材といい、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』(左伝)に「天五材を生じ、民並びにこれを用う」とあるように、生活に必要な水、火、金、木、土の五つの素材(民用五材)である。この五行の次序は、『書経』の「洪範(こうはん)」にあり、「生成の五行」という。この五行の次序を、自然の相生ずる関係に配して、木、火、土、金、水とし、四季の循環に取り入れたものを五行相生(そうせい)説という。『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』の十二紀篇(へん)にみられる配当などはそれで、五行循環の自然観が神秘的な五行説に転化したものである。これに対して、戦国時代、斉(せい)の鄒衍(すうえん)が、水、火、金、木、土と次序して、王朝交替の革命説とした。これを五行相剋(そうこく)説という。五行の相勝つ循環にのっとった武力革命説である。漢代では、緯書(いしょ)説が五行相生説によって革命説を確立し、以後の王朝は、多くこれによってその王朝の徳を主張した。五徳終始(しゅうし)説とされるものである。なお、漢代では五行説は陰陽(いんよう)説と結合して陰陽五行説となり、以後の中国人のものの見方、考え方の基調となった。[安居香山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五行説の言及

【陰陽五行説】より

…中国思想において,陰陽論と五行説とを組みあわせ,宇宙の生成,自然のめぐり,統治のあり方,人体のしくみなど,宇宙から人事にいたるあらゆる現象を説明するのに用いられた理論。さまざまな占いにも応用された。…

【五行】より

…木・火・土・金・水のこと。この5種によって自然現象や人事現象のいっさいを解釈し説明しようとする思想は五行説とよばれる。中国の古代に成立した。…

【中国音楽】より

十二律と音階観念を早期に確立し,《管子》の楽律算定法,《呂氏春秋》の三分損益,荀勗(じゆんきよく)(3世紀)の笛の口径や長さと音律の関係を調べての管口補正試案,蔡元定(12世紀)の転調のための十八律案,朱載堉(しゆさいいく)(16世紀)の十二平均律理論に至る楽理の探究から,理知的な営みの流れが見える。また五行説は,数理的偏重に傾き,無意味な楽律論を生んだりもしたが,音階に方角,季節,色彩などを組み合わせたり,十二律を12ヵ月に当てたのは,典礼音楽に概念的統一を与える役割も果たした。そのほか五行説は,物質の素材によって楽器を分類する〈八音〉の観念形式にも貢献した。…

※「五行説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五行説の関連情報