コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国地方 みくにちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国地方
みくにちほう

新潟県南東端,湯沢町の南西部,清津川の谷沿いの地域。三国街道がこの谷を通り,三国峠の手前に,浅貝,二居,三俣の3宿があった。この付近はかつて三国峠越えの大難所で,三国村と三俣村に分れていたが,1955年に湯沢村,神立村,土樽村と合併,湯沢町の一部となった。豪雪地帯として知られる。上信越高原国立公園に属し,貝掛温泉,スキー場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android