コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上信越高原国立公園 じょうしんえつこうげんこくりつこうえん

6件 の用語解説(上信越高原国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上信越高原国立公園
じょうしんえつこうげんこくりつこうえん

群馬県長野県新潟県の 3県に広がり,山岳と高原を主とする自然公園。面積 1880.72km2。1949年指定。1956年妙高,戸隠地域が追加指定された。妙高高原戸隠高原飯綱高原志賀高原菅平浅間高原などの高原は妙高山黒姫山飯縄山岩菅山苗場山白根山四阿山浅間山などの火山の山麓に開けているもので,樹林,草原,湿原,湖沼群などきわめて変化に富んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうしんえつこうげん‐こくりつこうえん〔ジヤウシンヱツカウゲンコクリツコウヱン〕【上信越高原国立公園】

新潟・群馬・長野3県にまたがる国立公園谷川岳志賀高原白根山浅間山菅平一帯。温泉が多い。平成27年(2015)、妙高戸隠高原地域を妙高戸隠連山国立公園として分離。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上信越高原国立公園【じょうしんえつこうげんこくりつこうえん】

群馬・新潟・長野3県にまたがる国立公園。面積1890.62km2。1949年指定,1956年戸隠・妙高地区追加。那須火山列に含まれる妙高,黒姫,苗場,岩菅,白根,浅間などの火山,浅間高原,志賀高原戸隠高原菅平などの広大な高原が景観の主体。
→関連項目浅間山四阿山岩菅山軽井沢[町]群馬[県]猿ヶ京[温泉]渋川[市]白根山(群馬)新鹿沢[温泉]高峰高原鳥居峠(群馬・長野)苗場山長野原[町]野反湖三国山脈水上[町]妙高高原[町]山ノ内[町]湯沢[町]湯檜曾[温泉]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょうしんえつこうげんこくりつこうえん【上信越高原国立公園】

群馬・長野・新潟三県にまたがる国立公園。谷川岳・白根山・浅間山・菅平・志賀高原などの山と高原を中心とし、温泉も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県・新潟県)〕上信越高原国立公園(じょうしんえつこうげんこくりつこうえん)


群馬・長野・新潟の3県にまたがる国立公園。谷川(たにがわ)岳・苗場(なえば)山・志賀(しが)高原・浅間(あさま)山などの山岳・高原地帯の東部地域と、野尻(のじり)湖・妙高(みょうこう)山・戸隠(とがくし)山周辺の西部地域の2地区からなる。面積18万8046haは日本の国立公園中第2位の広さ。1949年(昭和24)指定。1956年、妙高・戸隠地区を追加。浅間山・白根(しらね)山など個性的な火山と谷川岳などの山岳や高原・湖沼・湿原・森林など景観も変化に富む。動植物相も豊かで6ヵ所に特別保護区を設置。万座(まんざ)温泉・草津(くさつ)温泉・四万(しま)温泉など各地に温泉がわく。登山・スキー・ハイキング・行楽・温泉湯治などの適地に恵まれる。軽井沢(かるいざわ)など避暑地も多い。交通網や各種施設も整い、日本の代表的観光地の一つとなっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上信越高原国立公園
じょうしんえつこうげんこくりつこうえん

長野、群馬、新潟の3県にまたがり、火山を主体とする国立公園であるが、なかには非火山の谷川岳のような三国(みくに)山脈の一部も含まれる。1949年(昭和24)に指定、1956年に妙高(みょうこう)、戸隠(とがくし)、野尻(のじり)湖一帯(西部地域)が追加されたが、2015年(平成27)に同地域を分離して妙高戸隠連山国立公園が設立された。面積1483.00平方キロメートル。公園の特色は名称が示すように、山岳よりも高原を中心にしたもので、浅間(あさま)火山の裾野(すその)をはじめ、高峰(たかみね)、湯ノ丸(ゆのまる)、菅平(すがだいら)、志賀(しが)、草津(くさつ)などの各高原がある。これらの高原は火山裾野特有の変化に富む地形を示し、湖沼湿地、溶岩流、火口湖、滝などがある。浅間山北麓(ほくろく)の鬼押出(おにおしだ)し、志賀高原と白根草津などはこの代表で、これらの高原は標高1000~1500メートルの高冷地にあるため、カラマツ、シラカンバ、ダケカンバ、シラビソなどの樹林が、標高が増すにつれて変わっていく。地形上、道路の発達もよく、観光化が進んでいる。とくに浅間山麓は避暑地として、志賀、草津などは温泉保養地として知られる。また冬季は各高原ともスキー場としてにぎわう。一方、谷川岳は一ノ倉沢、マチガ沢などの岩場があり、登山のメッカとして知られる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上信越高原国立公園の関連キーワード霧島錦江湾国立公園W国立公園秩父多摩甲斐国立公園上信越コルコバード国立公園小蓮華山スカフタフェットル国立公園チチカマ国立公園チマニマニ国立公園グヌンレイセル国立公園

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上信越高原国立公園の関連情報