三好勇夫(読み)みよし いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好勇夫 みよし-いさお

1932- 昭和後期-平成時代の内科学者。
昭和7年7月15日生まれ。昭和57年高知医大教授となる。53年白血病細胞の新培養法を考案し,細胞株を樹立。日沼頼夫による成人T細胞白血病の原因ウイルス発見に道をひらいた。58年野口英世記念医学賞。徳島県出身。岡山大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android