三好 潤子(読み)ミヨシ ジュンコ

20世紀日本人名事典 「三好 潤子」の解説

三好 潤子
ミヨシ ジュンコ

昭和期の俳人



生年
大正15(1926)年8月15日

没年
昭和60(1985)年2月20日

出生地
大阪市

本名
三好 みどり

学歴〔年〕
大阪女学院高女卒

主な受賞名〔年〕
コロナ賞(第1回)〔昭和39年〕

経歴
戦後榎本冬一郎の「群蜂」に参加し、昭和28年「天狼」に投句。「群蜂」を辞し本格的に誓子に師事。41年「天狼」同人著書に「夕凧橋」「澪標」「是色」「花吹雪」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「三好 潤子」の解説

三好潤子 みよし-じゅんこ

1926-1985 昭和時代後期の俳人。
大正15年8月15日生まれ。第二次大戦後,「群蜂」「天狼(てんろう)」に投句。のち山口誓子に師事した。昭和39年第1回コロナ賞。41年「天狼」同人。昭和60年2月20日死去。58歳。大阪出身。大阪女学院高女卒。本名はみどり。句集に「夕凪橋」「澪標」「是色」など。
格言など】鴨吊られシベリヤを来しつばさ垂る(「夕凪橋」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android