澪標(読み)ミオツクシ

デジタル大辞泉 「澪標」の意味・読み・例文・類語

みお‐つ‐くし〔みを‐〕【×標】


《「みおくし」で、「つ」は助詞「の」の意》にくいを並べて立て、船が往来するときの目印にするもの。和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。みおぎ。みおぐい。みおじるし。
「かくとだに岩垣沼の―しる人なみにくづる袖かな」〈式子内親王集
香の一。香味は少し辛く苦い。

源氏物語第14巻の巻名。光源氏28歳から29歳。冷泉帝の即位源氏の内大臣昇進、明石の上の女児出産などを描く。
外村繁の中編の私小説。昭和35年(1960)「群像」誌に掲載。同年の第12回読売文学賞受賞

みお‐じるし〔みを‐〕【×標】

みおつくし」に同じ。
広瀬川渡りの沖の―水嵩みかさぞ深き五月雨さみだれころ」〈山家集・上〉

れい‐ひょう〔‐ヘウ〕【×澪標】

みおつくし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「澪標」の意味・読み・例文・類語

みお‐つ‐くしみを‥【澪標】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙
    1. ( 後世は「みおづくし」とも。「澪の串」の意 ) 通行する船に水脈水深を知らせるために目印として立てる杭。水深の浅い河口港に設けるもの。古来難波のみおつくしが有名。また、和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。みおぎ。みおぐい。みおぼうぎ。みおじるし。みおのしるし。みおぐし。
      1. 澪標<b>[ 一 ]</b><b>①</b>(江戸時代)
        澪標[ 一 ](江戸時代)
      2. [初出の実例]「遠江(とほつあふみ)いなさ細江の水乎都久思(みヲツクシ)あれを頼めてあさましものを」(出典万葉集(8C後)一四・三四二九)
    2. 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は苦辛。六十一種名香の一つ。〔建部隆勝香之筆記(香道秘伝所収)(1573)〕
  2. [ 2 ] 同音の繰返しで、「尽くし」にかかる。
    1. [初出の実例]「水咫衝石(みをつくし)心尽して思へかもここにももとな夢にし見ゆる」(出典:万葉集(8C後)一二・三一六二)
  3. [ 3 ]
    1. [ 一 ] 「源氏物語」第一四帖の名。光源氏二八歳の一〇月から二九歳の冬まで。冷泉帝が即位し、明石から帰京した源氏は繁栄する。さらに明石の姫君出生住吉詣での折の源氏と明石上のすれちがい、六条御息所の死などを描く。
    2. [ 二 ] 大名物、漢作茄子茶入「紹鴎茄子(じょうおうなすび)」の銘。

澪標の語誌

( 1 )[ 一 ]挙例のように「万葉集」に遠江国の澪標が見えるが、平安和歌では難波の澪標が多く詠まれる。
( 2 )[ 三 ][ 一 ]の「源氏物語」の巻名「澪標」は、元良親王の有名な歌「わびぬれば今はたおなじ難波なる身をつくしても逢はんとぞ思ふ」〔後撰‐恋五〕を読者に予め暗示して、六条御息所や朧月夜内侍や藤壺に対する光源氏の「身を尽くす」恋の展開を期待させつつ読みすすませる効果をもつ。


みお‐じるしみを‥【澪標・水脈標】

  1. 〘 名詞 〙みおつくし(澪標)[ 一 ]
    1. [初出の実例]「広瀬川渡りの沖のみをじるしみかさぞ深きさみだれの比」(出典:山家集(12C後)上)

れい‐ひょう‥ヘウ【澪標】

  1. 〘 名詞 〙みおつくし(澪標)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「澪標」の意味・わかりやすい解説

澪標【みおつくし】

または同様の人工の水路で,船の通航できる澪筋を示すために設けた航路標識。〈身を尽くし〉に通じ,文学作品にも取り入れられ,大阪市の市章はこの澪標をデザインしたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の澪標の言及

【澪】より

…澪は湖沼底の一般に湖流の強い所にも生ずる。なお澪の所在を示す航路標識を〈澪標(みおつくし)〉といい,〈身を尽くし〉にかけて万葉以来歌語に用いられた。【佐藤 任弘】。…

※「澪標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android