コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澪標 ミオジルシ

7件 の用語解説(澪標の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みお‐じるし〔みを‐〕【×標】

みおつくし」に同じ。
「広瀬川渡りの沖の―水嵩(みかさ)ぞ深き五月雨(さみだれ)のころ」〈山家集・上〉

みお‐つ‐くし〔みを‐〕【×標】


《「澪(みお)つ串(くし)」で、「つ」は助詞「の」の意》にくいを並べて立て、船が往来するときの目印にするもの。和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。みおぎ。みおぐい。みおじるし。
「かくとだに岩垣沼の―しる人なみにくづる袖かな」〈式子内親王集
香の一。香味は少し辛く苦い。

源氏物語第14巻の巻名。光源氏28歳から29歳。冷泉帝の即位、源氏の内大臣昇進、明石の上の女児出産などを描く。
外村繁の中編の私小説。昭和35年(1960)「群像」誌に掲載。同年の第12回読売文学賞を受賞。

れい‐ひょう〔‐ヘウ〕【×澪標】

みおつくし

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

澪標【みおつくし】

または同様の人工の水路で,船の通航できる澪筋を示すために設けた航路標識。〈身を尽くし〉に通じ,文学作品にも取り入れられ,大阪市の市章はこの澪標をデザインしたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みおじるし【澪標】

みおつくし(澪標) 」に同じ。

みおつくし【澪標】

〔「澪の串」の意。後世「みおづくし」とも〕 港や河岸などで「みお(澪)」を示すために立てられた杭。近世では、澪木みおぎ・水尾坊木みおぼうぎと呼ぶ。みおじるし。みおぐい。難波なにわの澪標が有名。和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。 「遠江とおつおうみ引佐いなさ細江の-我あれを頼めてあさましものを/万葉集 3429
源氏物語の巻名。第一四帖。

れいひょう【澪標】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の澪標の言及

【澪】より

…澪は湖沼底の一般に湖流の強い所にも生ずる。なお澪の所在を示す航路標識を〈澪標(みおつくし)〉といい,〈身を尽くし〉にかけて万葉以来歌語に用いられた。【佐藤 任弘】。…

※「澪標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

澪標の関連情報