天狼(読み)てんろう

大辞林 第三版の解説

てんろう【天狼】

俳句雑誌。「馬酔木」を脱した山口誓子が西東三鬼さいとうさんき・橋本多佳子らと1948年(昭和23)奈良で創刊。戦後の俳壇に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんろう【天狼】

俳句雑誌。西東三鬼,橋本多佳子らが,山口誓子を囲む同人誌として1948年(昭和23)1月に創刊。誓子は創刊号で,〈酷烈なる俳句精神〉〈鬱然たる俳壇的権威〉を実現したいと述べたが,三鬼のニヒリズム,永田耕衣の東洋的無,平畑静塔の俳人格などは,俳句精神の根源を探求した成果であり,昭和20年代の俳壇に活気をもたらした。その後は誓子の主宰誌的性格を強め,今日に至っている。【坪内 稔典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天狼
てんろう

俳句雑誌。1948年(昭和23)奈良で創刊。文学的主張の相違から『馬酔木(あしび)』を辞した山口誓子(せいし)が、西東三鬼(さいとうさんき)、橋本多佳子(たかこ)、榎本(えのもと)冬一郎らの擁立を受け、同人誌として出発させた。創刊号に「酷烈なる俳句精神」「鬱然(うつぜん)たる俳壇的権威」を掲げ「素手によって生命(根源)を把握」という根源探求に専心し、第二次世界大戦後の俳壇に大きな影響を与えた。創刊時の同人にはほかに、秋元不死男(ふじお)、平畑静塔(せいとう)らがいる。のちに右城暮石(ぼせき)、横山白虹(はくこう)、沢木欣一(きんいち)、佐藤鬼房(きぼう)、鈴木六林男(むりお)らを加えた。選句欄「遠星集」の充実により、誓子主宰誌となった。以後、誓子の強いイニシアティブの下で発行が続いたが、93年(平成5)、誓子が自身の体力と視力の低下を理由に終刊を決定。翌94年3月、誓子が死去し、同年6月、「終刊号」の発行を最後に廃刊された。[鷹羽狩行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てんろう テンラウ【天狼】

[一] =てんろうせい(天狼星)《季・冬》
暦象新書(1798‐1802)上「天大角織女如き恒星は、土星天より外に在て、而も光輝却而強盛なるは何ぞや」 〔楚辞‐九歌・東君〕
[二] 俳句雑誌。昭和二三年(一九四八)一月創刊。主宰は山口誓子。物の根源の追求を主張、「根源俳句」で俳壇の論議の対象となり、注目をあびた。平成六年(一九九四)六月にて終刊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天狼の言及

【シリウス】より

…その名はギリシア語のセイリオス(〈焼きこがすような〉の意)に由来する。中国名は天狼(てんろう)。冬の空に清冽(せいれつ)な光を投げかけるさまをらんらんと光る目をもつオオカミにたとえた。…

【山口誓子】より

…40年病をえて内面を凝視する沈潜した句風に転じ《激浪》(1946)等で象徴的作品をも生み出した。48年俳誌《天狼(てんろう)》を創刊,根源俳句を唱え平淡滋味の境地を深め,飛躍を重んじた自在な句境を求めた。〈海に出て木枯帰るところなし〉(《遠星》1947)。…

※「天狼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天狼の関連情報