コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好礼子 みよし れいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好礼子 みよし-れいこ

1957- 昭和後期-平成時代のラリースト,エッセイスト,ナチュラリスト。
昭和32年12月15日生まれ。昭和51年日本一周バイクの旅に出発し,日記「日本一周乙女の独り旅」をバイク雑誌に連載する。62年ファラオラリー(二輪女性クラス2位・250ccクラス2位),平成4年チュニジアラリー(二輪女性クラス優勝),12年パリ・ダカール・カイロラリー(二輪女性クラス3位)など,海外ラリーで活躍した。近年は,自然農法によるお米づくり・野菜作り,アウトドア,スキューバなど自然を楽しむ生き方をエッセイ,ラジオ,テレビなどで伝える。(株)フェアリーテール代表。東京都出身。保谷高卒。旧筆名に山村礼子。著作に「砂の子 ファラオラリー・フォトノート」「砂と風とレイコ」「朝霧高原~風と暮らす」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三好礼子の関連キーワードナチュラリストエッセイスト

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三好礼子の関連情報