コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝霧高原 あさぎりこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝霧高原
あさぎりこうげん

静岡県北東部,富士山の西側にある高原。標高 700~1000m。富士宮市に属する。南は白糸の滝から,北は山梨県境まで約 15km。富士山の新期溶岩流におおわれたやせ地。水に乏しいが,西方に芝川水源地としての猪之頭の湧水および田貫湖がある。かつては根原 (ねばら) ,および人穴集落の採草用入会地。 1939年からは旧陸軍の戦車学校演習地となり,第2次世界大戦後は開拓民によって酪農が行われ,15km2に及ぶ改良草地と通年放牧が特色。近年国道 139号線や富士宮道路沿いに観光施設や別荘がふえた。田貫湖付近にはキャンプ場もある。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさぎり‐こうげん〔‐カウゲン〕【朝霧高原】

静岡県東部、富士山西麓に広がる高原。標高500~900メートル。全国でも有数の酪農・畜産地帯。鎌倉時代源頼朝富士の巻狩を行った所。名の由来は、高冷地のために朝霧が多く発生するところから。三里ヶ原(さんりがはら)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

朝霧高原

静岡県富士宮市にある道の駅。国道139号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさぎりこうげん【朝霧高原】

富士山西斜面と天子山地とのすそ合いの高原で静岡県富士宮市北部に位置する。標高約900m。新富士溶岩と固結した火山礫(かざんれき)層におおわれるすそ野の原野で三里ヶ原ともよばれ,夏季に霧の発生が多い。用水の乏しい地域であったが,第2次世界大戦後に開拓が進み,西富士集約酪農地域となり,富士丘,広見,荻平などでは放牧草地独特の景観がみられる。1971年ボーイスカウト世界ジャンボリー大会が開催され,観光施設も拡充されてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あさぎりこうげん【朝霧高原】

静岡県富士宮市北方、富士山西麓の溶岩流からなる高原。高冷地で霧が多発。乏水地で荒地であったが、戦後酪農専業地やキャンプ場などとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕朝霧高原(あさぎりこうげん)


静岡県北東部、富士山西麓(せいろく)の溶岩流台地。標高約600~900mの高冷地で酪農が盛ん。国道139号・富士宮(ふじのみや)有料道路が通り、遊園地やキャンプ場などのレジャー施設が点在。パラグライダー訓練場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝霧高原
あさぎりこうげん

静岡県富士宮(ふじのみや)市北方、富士山西斜面の裾野(すその)に広がる高原。標高500~900メートル。新富士溶岩やマサとよばれる固結した火山礫(れき)層からなる乏水地域で、三里ヶ原ともよばれた。第二次世界大戦中は戦車演習地であったが、戦後は開拓が進み、1954年(昭和29)集約酪農地域の指定を受け、放牧地、牧草地も広い。静岡県畜産技術研究所がある。駿河(するが)湾から暖湿な空気が南東の風で運ばれるときに霧が発生しやすい。国道139号が通り、観光地化も進み、野外スポーツ施設のある朝霧高原グリーンパークもある。JR富士宮駅からバス40分。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝霧高原の言及

【静岡[県]】より

…また,三保(清水市)から御前崎にかけての海岸沿い,および遠州灘沿岸では施設園芸が盛んで,久能山での石垣イチゴ,袋井市と浜松市での温室メロンがその代表である。花卉は伊豆半島西部と浜松市周辺,酪農・畜産は岳南地域が盛んで,とくに富士山西麓の朝霧高原は戦後開拓された大規模酪農地域として知られる。 変化に富む海岸線,沖合を流れる黒潮の影響を受けて全国有数の水産県となっている。…

※「朝霧高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝霧高原の関連キーワード富士オートキャンプ場ふもと村世界スカウトジャンボリー朝霧高原オートキャンプ場西富士オートキャンプ場猪の頭オートキャンプ場静岡県富士宮市猪之頭静岡県富士宮市根原田貫湖キャンプ場富士宮(市)富士宮道路富士花鳥園富士朝霧牛三好礼子天守山地毛無山荒地多発巻狩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝霧高原の関連情報