コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅宏実 みやけひろみ

2件 の用語解説(三宅宏実の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

三宅宏実

女子重量挙げ(48キロ級・53キロ級)選手。1985年11月18日、埼玉県出身。身長147センチ。中学3年生で重量挙げを始めて以来、メキシコ五輪重量挙げ銅メダリストの父・三宅義行の指導を受ける。埼玉栄高校時代より頭角を現し、2004年に法政大学に進学。同年のアテネ五輪で9位入賞、06年の世界選手権銅メダル獲得(いずれも48キロ級)と躍進する。08年に投資会社の現・いちごグループホールディングスに入社し、同社のウエイトリフティング部に所属。同年の北京五輪48キロ級で6位に入賞し、11年の全日本選手権53キロ級では日本新記録を達成した。12年にはロンドン五輪48キロ級でトータル197キロを上げて日本記録を更新し、銀メダルを獲得。女子重量挙げでは日本人初のメダル

(2012-07-31)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅宏実 みやけ-ひろみ

1985- 平成時代の女子重量挙げ選手。
昭和60年11月18日生まれ。中学3年で重量挙げをはじめ,メキシコ五輪重量挙げ銅メダリストの父・三宅義行の指導をうける。埼玉栄高時代には高校選抜53kg級で2連覇,平成15年全日本選手権53kg級優勝。16年アテネ五輪48kg級で9位。18年世界選手権48kg級で銅メダルを獲得した。20年北京五輪48kg級では6位。21年全日本選手権53kg級で2連勝。24年ロンドン五輪の48kg級で銀メダル(スナッチ87.0kg,クリーン&ジャーク110.0kg,トータル197.0kgの日本新記録)を獲得。いちごグループホールディングス所属。埼玉県出身。法政大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三宅宏実の関連キーワードキログラム重トンキロきろきろキロ程重量挙げヘビー級キロバーいちょう・ちはる大城みさき齋藤里香

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅宏実の関連情報