コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三層電解法 さんそうでんかいほうtrinal electrolytic process

1件 の用語解説(三層電解法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三層電解法
さんそうでんかいほう
trinal electrolytic process

ホール=エルー法よりも高純度のアルミニウムを製造する溶融塩電解法の一種で,W.フープスの発明。黒鉛の炉床に銅 40%,アルミニウム 60%程度の合金を溶融状態で貯留して全体を陽極とし,そのうえにバリウムフッ化物 (比重 4.9) を加えて比重 2.7以上に調整した氷晶石に飽和量のアルミナを加えたものを満たして電解浴とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の三層電解法の言及

【アルミニウム】より

…ホール=エルー法の欠点は,電解炉という二次元反応装置を使うために生産性が悪く,生産量当りの工場面積が広くなる点くらいのものである。超高純度(99.95%以上)のアルミニウムを得ることは通常の電解法では困難であり,ふつう三層電解法という精製方法で製造される。下層は原料となるアルミニウムを銅との合金にして溶解し,これを陽極として利用する。…

※「三層電解法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone