コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三嶋王 みしまのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三嶋王 みしまのおう

?-? 奈良時代,天武(てんむ)天皇の孫。
舎人(とねり)親王の王子。養老7年(723)に無位から従四位下にすすむ。「万葉集」巻5に松浦佐用姫(まつら-さよひめ)の歌に追和してよんだ歌が1首ある。
【格言など】音に聞き目にはいまだ見ず佐用比売(ひめ)が領巾(ひれ)振りきとふ君松浦山(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三嶋王の関連キーワード川辺王葛王無位

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android