コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条公明 さんじょう・きみあき

朝日日本歴史人物事典の解説

三条公明

没年:建武3/延元1.9.11(1336.10.16)
生年弘安4(1281)
鎌倉末・南北朝期の公卿。父は従二位実仲,母は吉田経俊の娘。九条とも号す。弘安9(1286)年正五位下に叙せられ,若狭守,右少将,蔵人頭を歴任し,元応1(1319)年参議。その後,正中2(1325)年権中納言となる。後醍醐天皇が鎌倉幕府討幕を企て失敗に終わった元弘の乱(1331)に際して六波羅探題に捕らわれ官を停止させられるが翌年還任。没年には正二位権大納言に昇る。和歌もよくし『続千載和歌集』『続後拾遺和歌集』『新千載和歌集』などに入集している。

(小森正明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android