コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田経俊 よしだ つねとし

2件 の用語解説(吉田経俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田経俊 よしだ-つねとし

1214-1276 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
建保(けんぽ)2年生まれ。藤原資経(すけつね)の次男。母は藤原親綱(ちかつな)の娘。正嘉(しょうか)2年参議,のち権中納言大宰権帥(だざいのごんのそち)をへて正二位,中納言兼治部卿。建治(けんじ)2年10月18日死去。63歳。日記に「経俊卿記」(「吉黄記」)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田経俊

没年:建治2.10.18(1276.11.25)
生年:建保2(1214)
鎌倉時代中期の公卿。参議資経の次男。母は宮内卿藤原親綱の娘。嘉禄1(1225)年に叙爵。はじめ官位はなかなか進まず,仁治3(1242)年,29歳にしてようやく五位蔵人に任じた(同母兄為経はこの年齢ですでに権中納言であった)。後嵯峨院政が開始されると,これに仕えて官も順調に進み,建長6(1254)年に左大弁,翌年蔵人頭。康元1(1256)年に為経が没すると,そのあとを継いで伝奏,評定衆となり,和泉国を知行する。翌々年参議となって公卿に列し,弘長2(1262)年に権中納言,文永8(1271)年中納言となる。この間常に後嵯峨上皇の側近として活躍。日記『吉黄記』がある。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田経俊の関連キーワード樋口基康梅園季保裏松意光高倉永範甘露寺資経藤原親房藤原仲平源兼忠(2)源具実吉田為経

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone