続千載和歌集(読み)ショクセンザイワカシュウ

  • しょくせんざいわかしゅう ショクセンザイワカシフ
  • しょくせんざいわかしゅう〔シヨクセンザイワカシフ〕
  • ぞくせんざいわかしゅう ゾクセンザイワカシフ

大辞林 第三版の解説

第一五番目の勅撰和歌集。二〇巻。後宇多上皇の命により、二条為世が撰進。1320年成立。約二一五〇首。京極派の「玉葉集」と対立的立場にたつ集で、同じ撰者による「新後撰和歌集」の歌風を継ぐ。続千載集。続千載。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉末期にできた、一五番目の勅撰集。二〇巻。歌数は二一四三首。文保二年(一三一八)後宇多院の院宣により藤原為世が撰し、元応二年(一三二〇)成立。代表歌人は後宇多院・西園寺実兼・為世・為氏など。大覚寺統の二条派が編んだ集で、持明院統を背景とする京極派の「玉葉集」と政治的、歌壇的に対立している。続千載集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android