コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条実量 さんじょう さねかず

2件 の用語解説(三条実量の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三条実量

初名実尚・実教、法名禅空。右大臣公冬の男。京都に仕え、内大臣右近衛大将に進み、従一位に陞る。吉野遺臣の神器を擁した時これが奪取に与って力あり。文明16年(1484)歿、70才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実量 さんじょう-さねかず

1415-1484* 室町時代の公卿(くぎょう)。
応永22年生まれ。三条公冬(きんふゆ)の子。永享元年従三位にのぼり,長禄(ちょうろく)元年右大臣。赤松氏の遺臣による主家再興の動きにかかわり,吉野の旧南朝方にある神璽(しんじ)をうばって朝廷に献納するようにすすめ実現させた。3年左大臣となり,応仁(おうにん)元年出家。従一位。文明15年12月19日死去。69歳。初名は実尚,のち実教。法名は禅空。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の三条実量の言及

【御料所奉行】より

…室町時代中後期,禁裏(皇室)御領を管理するために朝廷内に置かれた役人。1436年(永享8)に三条実量が任命されたのを初見とし,98年(明応7)には三条実望が任ぜられ,1502年(文亀2)ごろの勧修寺(かじゆうじ)政顕,13年(永正10)までその職にあった広橋守光,守光に代わって任ぜられた三条西実隆,61年(永禄4)ごろの三条西公条などが知られている。これらの人々はいずれも幕府,武家との強い関係をもっている。…

※「三条実量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone