神璽(読み)しんじ

精選版 日本国語大辞典「神璽」の解説

しん‐じ【神璽】

[1] 〘名〙 (古くは「しんし」) 天子の位を示すしるし。御璽。〔新唐書‐車服志〕
[2]
[一] 神器のうち鏡と剣。
※律(718)賊盗「凡盗者絞、謂、践祚之日寿璽」
[二] 三種の神器のうちの八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の称。
※続日本後紀‐嘉祥三年(850)三月己亥「天子神璽宝剣符節鈴印等、奉於皇太子直曹

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神璽の言及

【三種の神器】より

…景行記,景行紀によれば東征の途次伊勢に立ち寄った日本武(やまとたける)尊はおばの倭姫命から草薙剣を授けられたが,帰途これを尾張の宮簀(みやず)姫のもとにとどめて病没したため,剣は尾張にまつられることとなったという(熱田神宮の起源)。《古語拾遺》によれば鏡と剣を移しまつるに際し模造品を造って宮中にとどめたが,これが後世即位に当たって新帝に献上される〈神璽(しんじ)の鏡と剣〉であるという。伊勢・熱田の神体の鏡・剣と宮中のそれとは元来別のものであったが,それらを統一的に物語る必要から模造品の話が作られたとみる説もある。…

※「神璽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android