三枚網(読み)さんまいあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三枚網
さんまいあみ

漁具の一種。刺網に属し、外網(大目網)2枚の中間に内網(小目網)1枚を挟んだ合計3枚の網によって構成される。普通、底刺網として沿岸各地で用いられる。漁獲性能は普通の一枚網の刺網より高く、また一枚網で漁獲しがたいクルマエビなども漁獲でき、また漁獲体長の範囲も広い。漁獲対象魚種はコノシロ、イカ、イサキ、スズキ、コチ、クロダイ、マダイ、メバル、ヒラメ、カレイ、ブリ、クルマエビそのほか沿岸性の魚類である。[笹川康雄・三浦汀介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三枚網の言及

【漁具】より

…このほか外洋域で15~18cmという大きな目合いの網でカジキ類などをとる大目流し網もある。底刺網の一種の三枚網は小さい目合いの網の両側に大きい目合いの網を張ったもので,大きい魚も小さい魚もとれる効率のよい網である。効率がよすぎて資源保護上の問題から禁止している地区も多い。…

【刺網漁業】より

…調査目的のために何種類かの網目のものを組み合わせて使うことがある。また三枚網trammel netといって細かい目の網の両側にその2~3倍の大きさの網をつけたものもある。漁獲の効率がひじょうによく各地の沿岸で底刺網として使われることが多いが,効率がよすぎるため,使用を禁止している地域も多い。…

※「三枚網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三枚網の関連情報