コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枝昂之 さいぐさ たかゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝昂之 さいぐさ-たかゆき

1944- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和19年1月3日生まれ。早大にはいり短歌会に所属,前衛短歌運動を推進する。「沃野」「反措定」「かりん」をへて,「りとむ」会員。昭和53年「水の覇権」で現代歌人協会賞。平成10年「甲州百目」で寺山修司短歌賞。18年評論「昭和短歌の精神史」で斎藤茂吉賞,芸術選奨文部科学大臣賞。21年「啄木 ふるさとの空遠みかも」で現代短歌大賞。23年紫綬褒章。山梨県出身。歌集に「地の」,評論集に「うたの水脈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三枝昂之の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦加藤泰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三枝昂之の関連情報