コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三津百枝 みつの ももえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三津百枝 みつの-ももえ

?-? 奈良時代,最澄の父。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。「叡山(えいざん)大師伝」によると,仏をうやまい日々経をよみ,修行にはげんでいた。男子をえるため比叡山のふもとに草庵をつくって懺悔(さんげ)したところ,5日目に夢に仏があらわれ神護景雲(じんごけいうん)元年(767)最澄をえたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三津百枝の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android