叡山(読み)えいざん

大辞林 第三版の解説

えいざん【叡山】

〔「えいさん」とも〕 「比叡山」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えい‐ざん【叡山】

(「えいさん」とも) 「ひえいざん(比叡山)」の略。
※三代実録‐貞観六年(864)正月一四日「大同末年、随縁入京、適登叡山
※平家(13C前)七「叡山(ヱイサン)は是桓武天皇の御宇、伝教大師入唐帰朝の後、天台の仏法を此所にひろめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の叡山の言及

【比叡山】より

…京都市の北東にそびえ,京都府と滋賀県にまたがる山。延暦寺があり,日枝(ひえ),叡山,北嶺などとも呼ばれた。大比叡岳(848m)が主峰で,そのすぐ西にある四明岳(839m)と北につらなる釈迦ヶ岳(750m),水井山(794m),三石岳(676m)の5峰を総称してふつう比叡山と呼ぶ。…

※「叡山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叡山の関連情報