三田康(読み)さんた やすし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「三田康」の解説

三田康 さんた-やすし

1900-1968 大正-昭和時代の洋画家
明治33年3月6日生まれ。藤島武二に師事し,東京美術学校(現東京芸大)在学中に帝展入選,のち「座像」が特選。昭和11年猪熊(いのくま)弦一郎らと新制作派協会を創立。戦時中戦争記録画を制作。戦後新聞小説挿絵も担当した。昭和43年2月5日フランスで死去。67歳。滋賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android