三界唯心(読み)サンガイユイシン

精選版 日本国語大辞典の解説

さんがい‐ゆいしん【三界唯心】

〘名〙 仏語。華厳経の意から出た語。三界のすべてのものは心から変現し、心を離れては存在しないもので、ただ心だけが唯一の実在であるという意。三界一心。三界唯一心。
※即身成仏義(823‐824頃)「天親等以三界唯心立唯識義」 〔八十華厳経‐五五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる