コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三省六部制度 さんしょうりくぶせいどSan-sheng liu-bu zhi-du; San-shêng liu-pu chih-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三省六部制度
さんしょうりくぶせいど
San-sheng liu-bu zhi-du; San-shêng liu-pu chih-tu

中国,の中央官制のかなめの機構中書 (隋では内史) ,門下尚書省三省といい,尚書省の吏,戸,礼,兵,刑,工6部局を六部という。三省の長官が宰相となり合議して政策決定を行い,中書は詔勅の起草,門下がその審査にあたり,尚書六部が行政を統轄した。この機構は六朝時代を通じ貴族制のもとで発達したもので,唐後期には三省分立は名目化し,明以後は六部が皇帝に直属した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android