中書(読み)チュウショ

大辞林 第三版の解説

ちゅうしょ【中書】

中国の漢代の官名。宮廷の文書・詔勅などをつかさどる。
中務なかつかさ省の唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐しょ【中書】

〘名〙
① 中国、漢代の官名。詔勅の出納などをつかさどったもの。
※今昔(1120頃か)七「震旦に中書の令として峰の文本と云ふ人有けり」 〔王献之‐啓瑯琊王為中書監表〕
② 中務(なかつかさ)の唐名。
※続日本紀‐宝亀九年(778)一一月乙卯「十月十六日、発赴上都。至高武懸。有中書門下勅牒

なか‐がき【中書】

〘名〙
① 文芸作品で、草稿と最終的な清書本との中間の段階の書写の称。
※河海抄‐永和五年奥書(1379)「四辻宮大納言家申出中書御本永和二年自孟冬比今永和第五至季春四日書写一筆訖」
※実隆公記‐延徳三年(1491)六月三日「予色紙形中書令之」
② 連歌会において、自分のよんだ句のみを抜き書きしておくこと。
※連歌弁義(1770)二「むかしは前の句に付たる己が句のみを書もし、覚もして、中書(ナカガキ)とて、各もち出て、発句よりつぎつぎみながら書ことはあらじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中書の関連情報