三笑亭 夢楽(2代目)(読み)サンショウテイ ムラク

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三笑亭 夢楽(2代目)
サンショウテイ ムラク


職業
落語家

肩書
落語芸術協会相談役

本名
渋谷 滉(シブヤ ヒロシ)

別名
旧芸名=古今亭 今夫(ココンテイ イマオ)

生年月日
大正14年 1月5日

出身地
東京都 世田谷区

学歴
錦城中卒

経歴
馬賊にあこがれて昭和17年北京へ渡り、3年間の放浪生活ののち、敗戦により帰国。農林省開拓局勤務を経て、24年5代目古今亭今輔に入門、今夫を名乗る。26年8代目三笑亭可楽門下に移り、夢楽で二ツ目となる。33年春風亭柳昇らと6人同時に真打に昇進。1960年代の落語ブームの中でラジオ「落語討論会」、テレビ「お笑いタッグマッチ」「末広珍芸シリーズ」などにレギュラー出演し、草創期のテレビ大喜利で活躍。41年には映画「落語野郎・大脱線」「落語野郎・大馬鹿時代」にも出演。品格のあるおとぼけが持ち味で、「大工調べ」「三方一両損」など職人が主役の古典に定評があった。落語芸術協会に所属して常任理事、相談役を歴任、三笑亭夢丸、三笑亭夢太朗、三笑亭夢之助らの弟子を育てた。他の得意演目に「味噌蔵」「三人旅」「転宅」「寄合酒」などがある。

没年月日
平成17年 10月28日 (2005年)

伝記
続・芸界達人浮世話(げいかいたつじんうきよばなし)落語長屋の知恵寄席界隈艶噺 加太 こうじ 著矢野 誠一 著三遊亭 円右 著(発行元 青蛙房青蛙房三樹書房 ’87’86’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報