コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加太 かだ

4件 の用語解説(加太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加太
かだ

和歌山市北西部,友ヶ島水道にのぞむ集落。旧町名。 1958年和歌山市に編入。古代南海道の「賀陀駅」で,淡路島,四国への重要な海津であり,江戸時代は廻船の寄港地として繁栄。明治以降,海峡が要塞化されたため深山 (みやま) に砲台が設けられ,陸軍病院が建てられるなど軍事の町と化したが,第2次世界大戦瀬戸内海国立公園の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かだ【加太】

和歌山市北西部の地名。紀淡海峡に面し、古くは畿内から淡路・四国・山陽道への重要な港。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かだ【加太】

和歌山市北西端の紀淡きたん海峡に面する漁村。古くは紀州から淡路・四国への重要な港。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加太
かだ

和歌山市北西部の一地区。旧加太村。和泉(いずみ)山脈の西縁が紀淡(きたん)海峡に臨む地。潟海(かたみ)、片海(かたみ)の意で、形見浦とも書いた。賀太郷、賀太荘(しょう)の地。702年(大宝2)南海道駅家が置かれ、四国への港ともなった。近世も廻船(かいせん)の港で加太千軒とよばれて栄えた。式内社加太神社(淡島(あわしま)神社)があり、葛城修験(かつらぎしゅげん)一の宿の伽陀寺(かだじ)があった。南海電鉄加太線が通じ、休暇村紀州加太、市立少年自然の家、森林公園、海水浴場などがある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加太の関連キーワード紀淡海峡友ヶ島友ヶ島水道友ヶ島灯台和歌山県和歌山市北和歌山県和歌山市北島和歌山県和歌山市北新和歌山県和歌山市北出島和歌山県和歌山市北野和歌山県和歌山市北町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加太の関連情報