コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加太 かだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加太
かだ

和歌山市北西部,友ヶ島水道にのぞむ集落。旧町名。 1958年和歌山市に編入。古代南海道の「賀陀駅」で,淡路島,四国への重要な海津であり,江戸時代は廻船の寄港地として繁栄。明治以降,海峡が要塞化されたため深山 (みやま) に砲台が設けられ,陸軍病院が建てられるなど軍事の町と化したが,第2次世界大戦瀬戸内海国立公園の一部となった。友ヶ島への渡船場で,国民休暇村国民宿舎,釣り宿などがある。延喜式内社淡島神社縁結びの神として知られる。南海電気鉄道加太線の終点。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かだ【加太】

和歌山市北西部の地名。紀淡海峡に面し、古くは畿内から淡路・四国・山陽道への重要な港。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かだ【加太】

和歌山市北西端の紀淡きたん海峡に面する漁村。古くは紀州から淡路・四国への重要な港。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加太
かだ

和歌山市北西部の一地区。旧加太村。和泉(いずみ)山脈の西縁が紀淡(きたん)海峡に臨む地。潟海(かたみ)、片海(かたみ)の意で、形見浦とも書いた。賀太郷、賀太荘(しょう)の地。702年(大宝2)南海道駅家が置かれ、四国への港ともなった。近世も廻船(かいせん)の港で加太千軒とよばれて栄えた。式内社加太神社(淡島(あわしま)神社)があり、葛城修験(かつらぎしゅげん)一の宿の伽陀寺(かだじ)があった。南海電鉄加太線が通じ、休暇村紀州加太、市立少年自然の家、森林公園、海水浴場などがある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加太の関連情報