三笠宮崇仁親王(読み)みかさのみや たかひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笠宮崇仁親王 みかさのみや-たかひとしんのう

1915- 大正天皇の第4皇子。
大正4年12月2日生まれ。母は貞明皇后。昭和10年三笠宮家を創立,16年子爵高木正得の次女百合子と結婚する。大戦中は大本営参謀などをつとめる。戦後古代オリエント史の研究をおこない,東京女子大などで教壇にたつ。日本オリエント学会名誉会長。日本赤十字社名誉副総裁。陸軍大学校卒。幼称は澄宮(すみのみや)。著作に「帝王と墓と民衆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android