三笠宮崇仁親王(読み)みかさのみや たかひとしんのう

  • 三笠宮崇仁親王 みかさのみや-たかひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1915- 大正天皇の第4皇子。
大正4年12月2日生まれ。母は貞明皇后。昭和10年三笠宮家を創立,16年子爵高木正得の次女百合子と結婚する。大戦中は大本営参謀などをつとめる。戦後古代オリエント史の研究をおこない,東京女子大などで教壇にたつ。日本オリエント学会名誉会長。日本赤十字社名誉副総裁。陸軍大学校卒。幼称は澄宮(すみのみや)。著作に「帝王民衆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三笠宮崇仁親王の関連情報