三笠宮崇仁親王(読み)みかさのみや たかひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笠宮崇仁親王 みかさのみや-たかひとしんのう

1915- 大正天皇の第4皇子。
大正4年12月2日生まれ。母は貞明皇后。昭和10年三笠宮家を創立,16年子爵高木正得の次女百合子と結婚する。大戦中は大本営参謀などをつとめる。戦後古代オリエント史の研究をおこない,東京女子大などで教壇にたつ。日本オリエント学会名誉会長。日本赤十字社名誉副総裁。陸軍大学校卒。幼称は澄宮(すみのみや)。著作に「帝王と墓と民衆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android