コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)

1件 の用語解説(三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)

新型四輪駆動車\"パジェロ\"は、長い伝統と実績をもつジープの優れた悪路走破性と信頼性を受け継ぎ、更に乗員の快適性と諸性能を向上し、一般乗用にも優れた近代的な多目的四輪駆動車である。主な特徴を下記に示す。(1)全長3.9mのコンパクトサイズで小型軽量エンジンの搭載により重量軽減を図り、空気抵抗の少ない車体形状と相まって高性と低燃費を実現(2)床下レールの剛性強化により、路面からの大入力及び長時間の使用に十分耐え、また、防水性・耐蝕性の向上を図り高い信頼性と耐久性を実現(3)前後輪荷重配分の適正化と前輪独立懸架方式の採用及びショートオーバーハングによる大きな障害角と大型タイヤによる大きな地上高確保により優れた操縦安定性と悪路走破性を実現保管場所三菱自動車工業(株)乗用車技術センター   (〒444-8501 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地)
製作(製造)年1982
製作者(社)三菱自動車工業株式会社
資料の種類量産車
現状保存・公開
車名パジェロ(2300ディーゼルターボ)
会社名三菱自動車工業(株)
製作開始年1982
車種・用途多目的四輪駆動車
実車所在/模型三菱自工 岡崎
スタイルメタルトップワゴン
ドア数2ドア
乗員2名(荷積載なし時 5名)
車両重量1,450kg
構造鋼板
バンパーあり
全長3,930mm
全幅1,680mm
全高1,865mm
タイヤサイズ゙H78-15-4PR
特徴全長3.9mのコンパクトサイズ
フレーム全溶接梯子型
前軸トーションバー独懸式
後軸リジットリーフスプリング
軸距2,350mm
前トレッドx後トレッド1,400×1,375mm
ステアリングボールナット式
走行安定装置LSD
特徴乗用車を凌ぐ快適性と居住性水深500mm走行可能
冷却/気筒配列水冷/4直
弁機構OHC
内径x行程91×90mm
排気量2,346cc
最高出力/回転数95PS/4200rpm
過給機ターボチャージャ
燃料タンク容量60
特徴サイレントシャフト付原動機型式:4D55ディーゼルターボ
ハイブリッドシステム形式なし
変速機5段フロア
駆動方式4WD
モード燃費-
参考文献三菱重工技報 VOL.19 No.3
その他事項積載重量:400kg;前照灯:横並2灯式(シールドビーム);ワイパー:電動式;足ブレーキ:ディスク;手ブレーキ:車輪制動;燃料供給装置:分配型燃料噴射;比出力:40.5PS/L;最終減速:4.875;最高速度:125km/h;燃費率:17.0km/L(60km/h定地);備考:ノンターボ、ガソリン仕様もあり;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)の関連キーワードジープ駆動前輪駆動全輪駆動四輪駆動FWDトランスアクスルPAGEOS4ダブリューディー四輪駆動割引

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone